政府が最大3兆円規模の補正検討、景気下支えと財政規律の両立狙う

消費増税後の景気腰折れを回避する ための経済対策を盛り込んだ2014年度補正予算案を、政府が最大3兆円 規模で検討していることが分かった。財源は今年度税収の上振れ分など で確保し、赤字国債の発行は見送る方針。複数の政府関係者がブルーム バーグ・ニュースに明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。