クアーズテックがコバレント買収へ-カーライルとユニゾンから

世界最大のエンジニアリング・セラ ミックメーカーであるクアーズテック(本社コロラド州ゴールデン) は、米投資会社カーライル・グループとユニゾン・キャピタル・グルー プから日本の半導体関連製品メーカー、コバレントマテリアルを買収す ることで最終合意した。両社の統合で年間売上高12億5000万ドル (約1500億円)のエンジニアリング・セラミック企業が誕生する。

クアーズテックとコバレントマテリアルは、買収額を明らかにして いない。事情に詳しい関係者2人は今年5月の段階で、カーライルとユ ニゾンが約500億円を求めていると述べていた。

コバレントマテリアルの前身である東芝セラミックスは、2006年の 経営陣による企業買収(MBO)を経て、カーライルとユニゾンが出資 する特別目的会社の完全子会社となり、株式を非公開化して社名も変更 した。

原題:CoorsTek Agrees to Buy Japan’s Covalent From Carlyle, Unison(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE