米JPモルガン、200億ドル強の資本必要か-FRB新規制案

更新日時

米銀JPモルガン・チェースは米連 邦準備制度理事会(FRB)の新たな資本規制に対応するために2019年 までに200億ドル(約2兆3900億円)余りの資本を積み増す必要があり そうだ。同行は既に国際的規制で最も高い資本サーチャージ(上積み) を適用されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。