ウィリアム・ソロモン氏が死去、100歳-Sブラザーズ2代目

更新日時

ソロモン・ブラザーズ創業一族2代 目のウィリアム・ソロモン氏が死去した。100歳だった。父親が共同創 業した債券トレーディング会社を、同氏は株式トレーディングと引き受 けでウォール街随一の有力企業に育て上げた。

体力が衰えていた同氏は7日にマンハッタンの自宅で死去したと、 息子のピーターF・ソロモン氏が9日にインタビューで述べた。

最初は3人構成の運営委員会のメンバーとして、その後1963-78年 にかけてはマネジングパートナーとして、ウィリアム・ソロモン氏は父 と2人のおじが1910年に設立したソロモン・ブラザーズの近代化を率い た。

国債取引が中心だった業務の幅を広げ、新たな市場へとソロモンを 進出させた。同氏が作り上げたチームからはシドニー・ホーマー氏やヘ ンリー・カウフマン氏などの著名アナリストや、後に米財務長官となる ウィリアム・サイモン氏、住宅ローン担保証券の父として知られるよう になるルイス・ラニエリ氏、ブルームバーグ・エル・ピーの創業者でニ ューヨーク市長も務めたマイケル・ブルームバーグ氏などが巣立ってい った。

ウィリアム・ソロモン氏の下でソロモン・ブラザーズは引き受けや 大口取引での重要プレーヤーとなり、事業拡大に対応するためコンピュ ーター技術への投資も進めた。

恐るべき4人組

メリルリンチ、プライス・アンド・カンパニー、リーマン・ブラザ ーズとともに、モルガン・スタンレーなど旧来の勢力に対抗する「フィ アサム・フォーサム(恐るべき4人組)」として知られるようになっ た。

ウィリアム・ソロモン氏は1978年に64歳で引退。ソロモン・ブラザ ーズはその後パートナーシップから公開企業に転じ、やがてシティグル ープの一部となった。

後継者のジョン・グッドフレンド氏が1981年にソロモン・ブラザー ズをフィブロの傘下とした時、ウィリアム氏は合意後に初めてそれを知 らされたという。同氏は後にニューヨーク・タイムズ紙に対し、ソロモ ン・ブラザーズが「長くパートナーシップであり続けるとの希望と期 待」をグッドフレンド氏に託しただけに、「裏切られたと感じた」と語 っていた。

71年間連れ添った妻のバージニアさんとは2008年に死別した。遺族 は息子のほかに娘のスーザン・ソロモン・ニーマンさん。4人の孫と3 人のひ孫がいる。

原題:William Salomon, Who Modernized Family’s Firm, Dies at 100 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE