日本株8日ぶり反落、原油安と円安一服-輸出や鉱業中心売り

更新日時

東京株式相場は8営業日ぶりに反 落。世界景気の先行き懸念などで国際原油市況が約5年ぶりの安値を付 け、為替市場での円安一服も嫌気された。鉱業株が売られ、電機や機 械、精密機器など輸出関連株も下落。証券株の下げも目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。