ソニーのハッカーが「ザ・インタビュー」の上映中止を要求

更新日時

ソニー・ピクチャーズエンタテイン メントのコンピューター・システムへのサイバー攻撃を仕掛けたハッカ ーが同社に対し、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を扱ったコメディ ー映画「ザ・インタビュー」の上映を中止するよう警告した。

「平和の守護者」を意味する「GOP」と名乗るグループは米共有 ウェブサービス、GitHub(ギットハブ)のウェブサイトで、「地 域の平和を破り、戦争を引き起こす恐れがあるテロ映画の上映を直ちに 中止せよ」と要求した。「ソニーも米連邦捜査局(FBI)もわれわれ を見つけ出すことはできない」としている。

投稿では「ザ・インタビュー」を名指ししていないものの、ハッカ ーが上映中止を求めたのは初めて。セス・ローゲン主演の同映画は今 月25日に公開予定だが、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは既 に11月18日にサンフランシスコでプレミア試写会を催すなどしている。

ハッカーは最新のメッセージで、ソニー・ピクチャーズエンタテイ ンメントのエイミー・パスカル共同会長と、ソニー・ピクチャーズテレ ビジョンのスティーブ・モスコ社長の2人が標的となる可能性を示唆。 詳細には踏み込まずに、「彼らのプライバシー」とサイトに記した。

ソニーの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Sony Hackers Demand Studio Stop Showing Rogen’s ‘The Interview’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE