シンガポールのテマセク、高頻度取引の米バーチュ出資で合意

シンガポールの政府系投資会社テマ セク・ホールディングスは、高頻度取引を手掛ける米バーチュ・ファイ ナンシャルに出資することで合意した。バーチュは新規株式公開 (IPO)計画を延期している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。