ドイツ銀CEO金利操作関与せずと金融庁-ハンデルスブラット

ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行 のアンシュー・ジェイン共同最高経営責任者(CEO)は、ロンドン銀 行間取引金利 (LIBOR)など指標金利の操作に関与していないと 連邦金融監督庁(BaFin)が2年間の調査を経て結論付けた。独紙 ハンデルスブラットが、金融業界の複数の関係者からの情報を引用して 報じた。

同紙によれば、ドイツ銀の取締役会メンバーが金利操作について承 知していたか、それに関与していたことを示す証拠はないとBaFin が認定した。調査結果は来年初めに公表される見通し。

ドイツ銀の広報担当ミヒャエル・ゴールデン氏はハンデルスブラッ トの報道へのコメントを控える一方、同行が当局に協力しており、独自 の調査の結果、現職および過去の取締役会メンバーによる不適切な関与 はなかったと説明した過去の発表文の内容にあらためて言及した。

BaFinの報道官に通常の業務時間外にメッセージを残したが、 これまでのところ返答はない。

原題:Jain Cleared in German Probe of Libor Rigging, Handelsblatt Says(抜粋)

--取材協力:Nicholas Comfort.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE