【個別銘柄】トヨタと宇部興上昇、電通高い、ソニー売られる

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

トヨタ自動車(7203):前週末比1.5%高の7858円。クレディ・ス イス証券は、目標株価を9250円に上げた。2016年3月期以降は「意思の ある踊り場」を脱し、本格的な成長局面に移行すると予想。15年3月期 営業利益予想を2兆6020億円から2兆7020億円(会社計画2兆5000億 円)、来期を2兆9770億円から3兆1160億円に増額した。投資判断は 「アウトパフォーム」を継続。

宇部興産(4208):3.4%高の185円。トヨタ自動車と燃料自動車の 水素タンクライナー用ナイロン材料を共同開発した、と8日に発表。同 材料を使った高圧水素タンクは、15日からトヨタが発売する燃料電池自 動車「MIRAI(ミライ)」に搭載される。今後の需要拡大や収益貢 献を見込む買いが入った。

電通(4324):4.7%高の4905円。CLSAアジアパシフィック・ マーケッツは投資判断を「アンダーパフォーム」から「アウトパフォー ム」に上げた。円安に伴う企業利益拡大で広告予算はさらに増加の公算 大とし、15年3月期純利益予想を618億円に40%上方修正(会社計画600 億円)、来期は613億円に11%増額した。目標株価は5200円に変更。

ソニー(6758):3.3%安の2590円。ソニー・ピクチャーズエンタ テインメントへのハッカー攻撃をめぐり、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は 7日、金正恩第1書記の暗殺計画を扱った同社製作のコメディー映画の 封切りを控え、正義の怒りから北朝鮮の支持者が仕掛けた可能性があ る、と匿名の国防当局報道官を引用して伝えた。

アルプス電気(6770):3.1%安の2449円。みずほ証券は、投資判 断を「買い」から「中立」に下げた。株価上昇に伴って上値余地が縮小 したほか、テクニカル指標にもやや過熱感がみられると指摘した。目標 株価は2600円を継続。

任天堂(7974):2.4%安の1万3845円。ジェフリーズ証券では投 資判断を「ホールド」から「アンダーパフォーム」に下げた。株価は1 万500-1万4000円のレンジを上抜け、下落リスクが上昇を上回ると指 摘。直近で6製品ライン中、5ラインの売り上げが前年割れ、業績は構 造的・循環的な落ち込みに直面しているとした。

ジェイアイエヌ(3046):4.4%高の2921円。11月の既存店売上高 は前年同月比10.2%減だった。ただ、マイナス幅は前月の21.5%に比べ て縮小し、全店では2.3%増と8カ月ぶりにプラスに浮上した。

DMG森精機(6141):6.2%高の1640円。ドイツ証券は5日、新 規に投資判断を「買い」、目標株価を1750円とした。国内外の設備投資 成長と円安効果を享受できると評価、同証による15年3月期営業利益予 想は154億円(会社計画140億円)、来期201億円と見込む。

前田建設工業(1824):6.6%高の938円。野村証券は、投資判断を 「中立」から「買い」に上げた。建築事業では採算重視の受注スタンス 浸透により中期的な業績改善が見込まれ、リニア中央新幹線など注目テ ーマも多いと評価。15年3月期営業利益予想を110億円から130億円(会 社計画90億円)、来期は130億円から155億円に増額した。

CKD(6407):7.4%高の1138円。みずほ証券は、目標株価 を1350円から1600円へ上げた。機器部門で半導体製造装置用途の好転が 見込まれるほか、工作機械用途が今後好調に推移しそうだと予想。為替 前提を変更するとともに、業績予想を上方修正した。

ネクソン(3659):4.7%高の1215円。バークレイズ証券は、目標 株価を1200円から1400円に上げた。中国業績の7-9月底打ち、韓国の 好調持続、円安メリット享受で業績は回復局面に入るとと予想。15年12 月期営業利益予想を571億円から635億円、再来期を598億円から663億円 に上方修正した。投資判断は「オーバーウエート」を継続。

みらかホールディングス(4544):4.7%高の4990円。発行済み株 式総数の3.66%、金額で100億円上限に自己株式を取得し、取得した全 自己株式を消却すると発表。株主価値の向上が期待された。

ショットモリテックス(7714):9%安の243円。MVジャパンは 5日、同社株に対する公開買い付け(TOB)を発表した。TOB価格 は180円で、5日終値の267円を下回った。ショットモリテックス親会社 のショット日本保有の71.6%を取得するのが目的。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス (3657):7.1%安の864円。2-10月期の連結営業利益は前年同期 比21%減の13億9100万円だった、と5日に発表。主力のデバッグ・検証 事業を中心に売上高は5%ほど伸びたが、人件費増加や国内外の拠点新 設などの負担、利益率の高い国内業務の減少が響いた。

住友精密工業(6355):7.1%高の511円。独航空機メーカーのドル ニエ・シーウイングスから水上機の脚部品を受注、合計300機分を供給 すると日本経済新聞電子版が6日夜に報道。今後の収益貢献を見込む買 いが入った。

ポプラ(7601):4.7%高の583円。ローソン(2651)と資本業務提 携契約を結んだ、と8日午前に発表。ローソンがポプラの筆頭株主から 発行済み株式総数の5%に相当する株式を取得する。商品等の共同開発 や共同仕入れ、店舗開発情報の共有、物流インフラの相互活用や人材の 総合交流などを今後進める。

フェイス(4295):8.7%高の1123円。発行済み株式総数の6.14% に当たる70万株、金額で7億円を上限に自社株買いを行うと5日に発 表。期間は8日から15年9月17日、当面の需給好転が見込まれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE