中国の証券株:株価評価、10年以来の高水準-収入見通し改善

中国本土に上場する証券会社のバリ ュエーション(株価評価)が約4年半ぶりの高水準となった。上海株式 相場の上昇でトレーディング収入見通しが改善された。

中信証券など証券22銘柄を追跡するブルームバーグ・インテリジェ ンス中国A株インスティチューショナル証券指数は、5日までの2週間 で55%上昇し、同指数の株価純資産倍率(PBR)は4.3倍となった。 これは2010年5月以来の高水準だ。

売買代金が過去最高を更新する中、上海総合指数はここ1カ月で 約22%上昇。ブルームバーグが追跡する世界の93株価指数で最大の上げ を記録。中国人民銀行(中央銀行)の景気下支え策を背景に、中国人投 資家による株式取引口座の開設はこの3年余りで最速のペースとなって いる。

群益証券の鄭春明アナリスト(上海在勤)は、売買代金の増加のほ ぼ全てが証券会社の「利益につながるだろう」と述べた上で、中国株式 相場の上昇が息切れする可能性もあると指摘した。

原題:Chinese Broker Valuations Climb to 2010 High as Stocks Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE