債券は下落、米金利上昇や円安で売り圧力-あすの30年債入札を見極め

更新日時

債券相場は下落。米雇用統計の好調 を背景とした米長期金利の上昇や円安進行に加え、あすに30年利付国債 入札を控えて売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。