ゴールドマン、ボルカー・ルールでのPE損失免れる可能性も

米ゴールドマン・サックス・グルー プはプライベートエクイティ(PE、未公開株)に70億ドル(約8440億 円)を投資している。モルガン・スタンレーは25億ドル。両社はこのよ うな資産を損失を出して売却しなければならないかもしれない。

ウォール街の金融機関は銀行のPE投資などを制限するボルカー・ ルールの順守期限を来年7月から先送りするよう米当局に働きかけてき た。同規則の下で売却を迫られる資産の保有高が大きいことが一因だ。 ボルカー・ルールは銀行が自己資金をリスクにさらすのを防ぐことを目 指している。

銀行は保有資産を慌てて売ろうとすれば、割安な価格を受け入れざ るを得なくなると論じてきた。金融業界専門のアナリストや法律家は、 ウォール街の懸念が連邦準備制度理事会(FRB)に受け入れられ始め たとみている。当局は近く、期限延期をめぐる決定を下す予定。

ワシントンの法律事務所ポールへイスティングスで銀行を担当する ケビン・ペトラシック氏は「当局は金融機関がファンドの処分で痛手を 被ることは望まないので、相当な圧力を感じている」と指摘した上で 「FRBは柔軟な姿勢を示唆している」と述べた。

FRBのコリグ報道官はコメントを控えた。

当局は既に、融資担保証券(CLO)など一部の種類の資産を例外 として認める措置を講じた。また、銀行は投資先のファンドごとに期限 延長を申請できるため、膨大な事務処理案件を抱えるのを避けるために 当局は全体について適用を延期せざるを得ないだろうとも、法律事務所 ミルバンク・ツィード・ハドリー・アンド・マックロイのダグラス・ラ ンディ氏はみている。

11月5日の当局への届け出によれば、ゴールドマンはPEファンド への投資を今年30億ドル程度減らした。ボルカー・ルールを順守するた めに残りの大半を売却しなければならないとゴールドマンは説明してい る。

原題:Goldman Needs Volcker Delay to Avoid Private-Equity Losses (2)(抜粋)

--取材協力:Miles Weiss.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE