【今週の債券】長期金利0.4%台の下限試す、需給良好でー米金利高警戒

今週の債券市場で長期金利は0.4% 台の下限を試すと予想されている。日本銀行の国債買い入れオペや12月 が3カ月ごとの国債償還月となるため、需給の良さが金利水準を押し下 げる構図が続くとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。