宇宙船「オリオン」無人試験機、初飛行に成功-火星探査へ前進

更新日時

人類初の有人火星探査に向けた一歩 となる新型宇宙船「オリオン」の無人試験機が、初の打ち上げ後に予定 通りの飛行を終え、地球に帰還した。

オリオンは米東部時間5日午前7時5分、大型ロケット「デルタ4 ヘビー」に載せてフロリダ州ケープカナベラル空軍基地で打ち上げられ た。4時間半で地球を2周した後に大気圏に入り、パラシュートで降下 して太平洋に着水した。

オリオンは米航空宇宙局(NASA)の有人宇宙探査計画の一 環。2020年代に小惑星への飛行を実現し、30年代には火星に人を送るこ とを目指している。オリオンはロッキード・マーチンが製造。

打ち上げは当初4日に予定されていたが、ロケットブースターの技 術的なトラブルなどでこの日に延期された。

原題:Orion Splashes Down at Sea After First Test of NASA Mars Capsule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE