モルガンS、シティ出身のチュチュニコフ氏を採用-関係者

米モルガン・スタンレーは債券電子 取引の強化を目指し、シティグループでアルゴリズム・クレジットトレ ーディングを統括していたユージン・チュチュニコフ氏を採用した。事 情に詳しい関係者1人が明らかにした。

人事情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところで は、チュチュニコフ氏(31)は、モルガン・スタンレーのクレジットト レーディング部門のコンサルタントとして勤務している。同氏は8年間 在籍していたシティを今年退職した。

2010年の米金融規制改革法(ドッド・フランク法)は、店頭デリバ ティブ(金融派生商品)市場でのスワップ取引の大部分をクリアリング ハウス(決済機関)を通じて、電子的に処理するよう定めており、これ が債券トレーディングの電子化を促し、競争も激しさを増している。

原題:Morgan Stanley Said to Bring In Tutunikov as Trading Consultant(抜粋)

--取材協力:Matthew Leising.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE