Jゴールドマン33歳ヘッジファンドマネジャー死亡-心臓発作か

ヘッジファンド運営会社Jゴールド マン(ニューヨーク)のディストレスト債専門ポートフォリオマネジャ ーとして2011年から勤務していたマドゥ・サトヤナラヤナ氏が、ニュー ジャージー州クレスキルの自宅で死亡した。33歳だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。