ユーロ圏7-9月GDP改定、前期比0.2%増-投資減が成長抑制

更新日時

ユーロ圏では7-9月(第3四半 期)に設備投資が2四半期連続で減少し、経済成長が鈍化した。こうし た状況を背景に、欧州中央銀行(ECB)は経済見通しを下方修正して いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。