NY金:小幅反落、ECB総裁が金の購入は検討しないと表明

ニューヨーク金先物相場は小幅反 落。欧州中央銀行(ECB)は資産購入の対象に金を加えることは検討 しないと明らかにした。

オアンダのアナリスト、ディーン・ポップルウェル氏(トロント在 勤)は電話インタビューで、「金を除くあらゆる資産購入について討議 したとのドラギECB総裁の発言が、価格を圧迫している」と指摘。 「金の戻りで売りが出る状況は続くだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.1%安の1オンス=1207.70ドルで終了。

銀先物3月限は1%高の1オンス=16.575ドル。プラチナ先物1月 限は1.5%上げて1245.90ドル。パラジウム先物3月限は0.6%上昇 の802.15ドル。

原題:Gold Slides as European Central Bank Snubs Bullion Purchases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE