欧州株:大幅安-ECB総裁がソブリン債購入観測に水を差す

4日の欧州株式相場は欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁の発言を受けて下落。同総裁は記者会見で、追 加刺激策の必要性を来年早々に再評価する必要があると述べ、市場では ECBが近くソブリン債を購入するとの観測が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。