仏クラブメッドの顧客、3分の1が中国人に-復星が買収なら

フランスのリゾート運営会社クラブ メッドのアンリ・ジルカールデスタン最高経営責任者(CEO)は、中 国の復星国際への身売りが実現すれば、将来的に顧客の約3分の1が中 国人になるとの見通しを示した。

ジスカールデスタンCEOはミシェル・ウォルフォフスキー最高財 務責任者(CFO)と共に復星国際の買収案に参加している。同CEO はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、復星国際がクラブ メッドを買収すれば、同社の顧客は将来、フランスからが3分の1、英 米やカナダ、ドイツなどの他の先進国市場からが3分の1、残りは中国 を中心とする新興市場からになるだろうと述べた。

クラブメッドの買収には、イタリアの実業家アンドレア・ボノミ氏 のグローバル・リゾーツも名乗りを上げている。復星国際は今月1日、 クラブメッドに対する買収提示額を1株当たり23.50ユーロ(約3500 円)に引き上げた。グローバル・リゾーツが11月12日に示した提示額 を0.5ユーロ上回る。グローバル・リゾーツの提示額引き上げ期限は今 月17日。

原題:Club Med CEO Allied to Fosun Says Third of Clients to Be Chinese(抜粋)

--取材協力:Richard Weiss、Andrea Rothman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE