中国での融資事件でシティはパニックに-マーキュリア弁護士

中国での金属を担保とする融資契約 をめぐり、米シティグループがスイスを主な事業拠点とするマーキュリ ア・エナジー・グループを相手取って起こした英高等法院での裁判で、 マーキュリア側の弁護士が、中国の2港で融資に絡む不正取引が摘発さ れた当時、シティは「パニック状態」に陥っていたと証言した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。