米航空株が急伸、01年来高値-JPモルガンが過小評価と指摘

4日の米株式市場では航空株が上昇 し、航空株指数はほぼ14年ぶりの高値を付けた。ユナイテッド・コンチ ネンタル・ホールディングスは6%超の値上がりとなった。JPモルガ ン・チェースが航空各社の利益見通しを引き上げたほか、株価が過小評 価されていると指摘したことが手掛かり。

ブルームバーグ米航空株指数は一時3.5%上昇し、日中ベース で2001年2月以来の高値を付けた。ニューヨーク時間午前11時13分現在 は2.7%上昇。最も上げているのはユナイテッド株で一時6.5%高 の63.15ドルを付けた。これは06年に破産法適用から脱却して以降で最 も高い水準。

JPモルガン・チェースのアナリスト、ジェイミー・ベーカー氏は 米航空6社の目標株価を修正。ユナイテッドについては従来の74.50ド ルから95.50ドルへと引き上げた。またアメリカン・エアラインズ・グ ループについても80.50ドルと、従来の64.50ドルから上方修正した。

ベーカー氏は調査リポートで、燃料価格が「急激」に下げる中で、 投資家はこれまでのところ航空株を同様のペースで買い増していないと 指摘した。

この日の市場ではアメリカンが一時4.2%高。ジェットブルー・エ アウェイズは一時5.3%高。デルタ航空が3.2%高などとなっている。

原題:Airlines Surge to Highest Since 2001 as JPMorgan Sees Bargains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE