米司法長官:NY警官による窒息死事件で公民権侵害の捜査開始

更新日時

ホルダー米司法長官は3日、ニュー ヨーク市の白人警察官が黒人男性エリック・ガーナー氏を窒息死させた 事件で、公民権侵害の有無で捜査を開始すると発表した。

同事件ではニューヨーク州の大陪審が同日、警察官を不起訴とし た。違法なたばこを売った疑いで職務質問した警察官とガーナー氏 (43)が7月17日に口論する様子を、見物人が動画で撮影し配信。憤り と共に警察官の起訴を求める声が高まっていた。

ニューヨークでは3日夜、デモ隊がスタテン島やマンハッタンのタ イムズスクエアなどに集まり、窒息死事件を非難した。先週にはミズー リ州大陪審が同州ファーガソンで丸腰の黒人青年を射殺した警官を不起 訴とした後、全米でデモが起きていた。

ホルダー司法長官の発表によると、司法省の公民権部門とニューヨ ーク州東部地区の検察当局が捜査を主導する。

ニューヨークの当局者は、ファーガソンで起きたような暴動化した デモを避けようと冷静な対応を呼び掛けた。

原題:U.S. Plans Civil-Rights Probe of NYC Police Chokehold Death (3)(抜粋)

--取材協力:Patricia Hurtado.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE