NY原油:小反発、在庫減少で-ブレントは約4年ぶり安値

ニューヨーク原油先物市場ではウェ スト・テキサス・インターミディエート(WTI)が小反発。製油所稼 働率の上昇を背景に米原油在庫が減少したことを好感した。市場では石 油輸出国機構(OPEC)による生産目標維持の消化が続いたため、ロ ンドンの北海ブレント原油は続落、約4年ぶりの安値に落ち込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。