日本株にたなぼたの原油安、消費刺激と輸入コスト減に期待感

約5年ぶりの安値を付けた国際原油 市況の下落が日本株に好影響を及ぼし始めた。ガソリン価格の下落など を通じ、4月の消費税増税以降に落ち込んでいた国内消費を刺激すると の期待に加え、燃料・エネルギーコストの上昇が利益の圧迫要因になっ ていた日本企業にもプラスに働くとみられるためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。