ネスレ:武装勢力の暴動など情勢不安、西アフリカ事業を圧迫

世界最大の食品メーカー、スイスの ネスレの西アフリカでの事業が通貨下落や高いインフレ率、エボラ出血 熱の感染拡大に加え、各地で発生している武装勢力の暴動によって圧迫 されていると、同社のアジア・アフリカ・オセアニア地域担当責任者が 指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。