ソニー・ピクチャーズ攻撃のマルウエアに北朝鮮の特徴-関係者

ソニー・ピクチャーズエンタテイン メントに対する悪意のあるソフトウエア(マルウエア)を使ったサイバ ー攻撃に北朝鮮が関与した可能性があると、事情に詳しい関係者2人が 明らかにした。

システムの機能停止やデータ破壊を狙うこれらのマルウエアの一部 には朝鮮語のコードが含まれていた。2013年3月に韓国の銀行や放送局 のコンピューターネットワークを破壊したサイバー攻撃と類似した要素 も一部に見られたという。関係者は公の発言が認められていないとし て、匿名を条件に語った。

米連邦捜査局(FBI)は1日、マルウエアについて米企業に注意 を喚起した。FBIは朝鮮語の使用については言及したが、11月25日の ソニー・ピクチャーズへの攻撃とは直接的に関連付けてはいない。関係 者の1人は、注意喚起がソニーのケースでのマルウエアを指すものであ ることを認めた。

原題:N. Korea’s Fingerprints Said Found in Malware Crippling Sony (1)(抜粋)

--取材協力:Jordan Robertson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE