米国株:続伸、S&P500種は最高値更新-素材や資本財高い

更新日時

米株式相場は続伸。S&P500種株 価指数は最高値を更新した。経済指標を受けて景気への信頼感が高ま り、素材や資本財株が上昇した。

シマレックス・エナジーやダイヤモンド・オフショア・ドリリング が上げ、S&P500種株価指数のエネルギー株は1.2%高となり、3日続 伸。一方、ブラウン・フォーマンやモルソン・クアーズ・ブルーイング を含む生活必需品株はセクター別で最も下げがきつい。

S&P500種は前日比0.4%上げて2074.33で終了。ダウ工業株30種 平均は33.07ドル(0.2%)高の17912.62と2日連続で最高値を更新し た。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントの最高投資ストラテジスト、 ジェームズ・ポールセン氏は「多くの市場参加者は5日の雇用統計を待 っていると思う。ADP統計が先行指標だとすれば、非農業部門雇用者 数は再び20万人を超える伸びとなり、単位労働コストは低水準にとどま るはずだ。この二つの組み合わせはインフレなき成長であり、株式相場 が劇的に上昇する環境だ」と述べた。

S&P500種のこれまでの最高値は11月26日に付けた2072.83だっ た。10月に付けた安値からは11%上昇している。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが 発表した給与名簿に基づく集計調査によると、11月の米民間部門の雇用 者数は前月比20万8000人増加した。前月は23万3000人増に修正(速報 値23万人増)された。過去8カ月のうち7カ月で20万人以上の増加を遂 げている。

5日に雇用統計

労働省が5日に発表する11月の雇用統計で雇用者数は23万人増、失 業率は前月と同じ5.8%と予想されている。

米連邦準備制度理事会(FRB)が3日公表した地区連銀経済報告 (ベージュブック)では、「雇用は全ての地区で幅広く増えた」と記さ れた。個人消費の増加やガソリン価格の低下の中、米経済は拡大を続け たと指摘した。「多くの地区は、調査先が今後の経済活動の見通しにつ いて引き続き楽観的だったと指摘した」とされた。

フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は失業率の低下と緩やかな 成長を指摘し、事実上のゼロ金利という緊急事態の姿勢から金融政策を 正常に戻す必要性を裏付けていると述べた。

プロッサー総裁は「労働市場で癒やしの過程は続いており、予想よ り強い回復は景気拡大の継続を支えるはずだ」とノースカロライナ州シ ャーロットで講演。「国民は危機時に失った富のうち、かなりの部分を 取り戻した。今の経済がかなり正常に動いており、政策はその正常化を 反映しなくてはならないという点をあらためて強く確信する」と続け た。

ISM非製造業指数

米供給管理協会(ISM)が発表した11月の非製造業総合景況指数 は過去9年余りで2番目に高い水準となった。

S&P500種の10セクターのうち7セクターが上昇した。素材や資 本財の上げが目立った。

エネルギー株は1.2%上昇し、今週に入ってからの上昇率は3.2%と なった。ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インター ミディエート(WTI)が0.8%高となった。

原題:U.S. Stocks Climb to Records as Commodities Producers Advance(抜粋)

--取材協力:Jonathan Morgan、Jeff Kearns、Steve Matthews.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE