ドルが一時120円台に接近、米景気期待や自民圧勝観測で

更新日時

東京外国為替市場ではドルが対円で 約7年ぶりの高値を更新し、一時は1ドル=120円台に接近した。米景 気期待や衆院選で自民党が圧勝する可能性があるとの報道などを背景 に、ドル買い・円売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。