11月のユーロ圏製造業・サービス業、見積もり以上に鈍化

更新日時

ユーロ圏の11月の製造業とサービス 業活動は当初見積もりよりも鈍化した。域内経済が停滞の瀬戸際にある 中、欧州中央銀行(ECB)は追加刺激策の選択肢を検討している。

英マークイット・エコノミクスが3日発表したサービス業と製造業 を合わせた11月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は51.1 と、先日発表の速報値(51.4)から下方修正された。10月の52.1も下回 り、1年4カ月ぶり低水準となった。PMIデータは10-12月(第4四 半期)の域内成長率がわずか0.1%になることを示唆している。

同時に発表された11月のサービス業PMI改定値は51.1で、前月 の52.3から低下。1日発表された11月の製造業PMI改定値は50.1だっ た。PMIは50が活動拡大・縮小の分かれ目。

ドラギ総裁率いるECBは今年最後の政策決定会合を4日に開催 し、スタッフが準備した追加措置の提案を検討する。当局者らは現行措 置の効果を見極めたい意向を示唆しているものの、見通しの悪化継続で 行動を迫る圧力は強まっている。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は PMI改定値について、「これまで発表された政策措置が企業景況感や 消費者信頼感にまだ意味のある影響を及ぼしていないことを示唆してい る」とし、「一段と積極的な措置が必要となる公算がある」と続けた。

原題:Euro-Area Economy Weakens as ECB Considers Its Stimulus Options(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE