米シティ社員、出張時の足に配車アプリのウーバー利用可能に

米銀シティグループの社員は出張時 の足として、携帯端末のアプリで自動車を手配できる米ウーバー・テク ノロジーズを利用できるようになった。

シティの広報担当者、カムラン・マムタズ氏は電子メールで、「社 員がどこへ行っても信頼でき効率的な移動の手段を利用できるようにす ることは、グローバル企業として極めて重要だ」とコメントした。

シティに先立って、モルガン・スタンレーやドイツ銀行、バークレ イズはすでにウーバーの利用を認めている。ウーバーは株式公開に踏み 切る次のシリコンバレー企業の一つとみられている。トラビス・カラニ ック最高経営責任者(CEO)がギャレット・キャンプ氏と2009年に創 業したウーバーは、同社企業価値を最大400億ドル(約4兆7700億円) と評価する資金調達に近づいてきた。事情に詳しい複数の関係者が先週 明らかにした。

原題:Citigroup Lets Employees Hail Rides With Uber for Business Trips(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE