FOMCは「相当な期間」の文言削除に近づいている-副議長

米連邦準備制度理事会(FRB)の フィッシャー副議長は低金利を「相当な期間」維持するとの文言を当局 が削除する時期が近づいており、2006年以来初の利上げの指針として経 済指標を重視することになると示唆した。

フィッシャー副議長は2日、ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)紙主催の最高経営責任者(CEO)カウンシル会議で「それ に関する協議があったことが前回の米連邦公開市場委員会(FOMC) の議事録で分かっており、当局がその削除に数カ月前よりも近づいてい るのは明白だ」と述べた。

副議長は「次回会合で私と同僚が何をするかについて私が推測する のは適切でないだろう」と発言。「われわれがそれを突如やめて何も言 わないというのではなく、単にそれを削除し低金利を維持する期間に関 するガイダンスのない状態にするということが想定できる」と続けた。 次回FOMC会合は16、17両日に開催される。

「当局は市場を驚かせたくはない」とフィッシャー氏は指摘。「一 方で、分からない日程について正確な見通しを示すことはできない。そ のため重点が置かれるのは日程ではなく、常にデータとなる」と話し た。

原題:Fischer Says Fed Nearing End of ‘Considerable Time’ Rate Pledge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE