インド株(終了):センセックス続落-中銀は金利据え置き

2日のインド株式市場では指標の S&Pセンセックス指数が続落。インド準備銀行(中央銀行)はこの 日、5会合連続の政策金利据え置きを決めた。来年早い時期の利下げの 可能性も示唆した。

自動車メーカーのバジャジ・オートは11月の販売減少を受けて4週 間で最大の下げ。トラクターメーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンド ラは1カ月ぶりの大幅安となった。インドガス公社(GAIL)は4営 業日続落。

センセックス指数は前日比0.4%安の28444.01で終了した。

インド中銀は政策金利のレポ金利を8%で据え置いた。ラジャン総 裁はインフレ期待の変化が続き財政の展開も望ましいものであれば、政 策スタンス変更の可能性は高いと述べた。

原題:Indian Stocks Retreat for Second Day as RBI Holds Interest Rates(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE