アジア・太平洋株式サマリー:中国と香港株上昇-インドは続落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国本土の株式相場は上昇。上海総合指数が約3年ぶりの高値を付 けた。株取引の活発化で証券会社の利益見通しが改善するとの見方に加 え、中国の金融緩和観測が広まった。

上海市場では海通証券(600837 CH)と中国民生銀行(600016 CH)、中国人寿保険(601628 CH)がいずれも8%超の上昇。香港市場 では中国平安保険(2318 HK)が6.1%高。事情に詳しい関係者による と、アリババ・グループ・ホールディングの創業者、馬雲(ジャック・ マ)会長が同社への出資で合意した。

上海総合指数は前日比3.1%高の2763.55で引けた。上昇率は1年3 カ月ぶりの大きさ。CSI300指数は3.7%高。

香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 は2.8%高と反発。前日は9カ月ぶりの大幅安だった。ハンセン指数 は1.2%高。

珩生鴻鼎資産管理(上海)の運用担当者、戴明氏は電話取材に対 し、「市場では強気相場に入ったとの見方がコンセンサスになっている ようだ。新たな資金が流入している」と述べた。

【インド株式市況】

2日のインド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が続落。 インド準備銀行(中央銀行)はこの日、5会合連続の政策金利据え置き を決めた。来年早い時期の利下げの可能性も示唆した。

自動車メーカーのバジャジ・オートは11月の販売減少を受けて4週 間で最大の下げ。トラクターメーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンド ラは1カ月ぶりの大幅安となった。インドガス公社(GAIL)は4営 業日続落。

センセックス指数は前日比0.4%安の28444.01で終了した。

インド中銀は政策金利のレポ金利を8%で据え置いた。ラジャン総 裁はインフレ期待の変化が続き財政の展開も望ましいものであれば、政 策スタンス変更の可能性は高いと述べた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比73.54ポイント(1.4%)高 の5281.26。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.61ポイント高の1965.83。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比82.92ポイント(0.9%)安の9034.79。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE