NY外為:ドルが5年ぶり高値-金融政策のかい離見通し

更新日時

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが5年ぶり高値に上昇。欧州や日本が金融緩和策を拡大させる中、今 週発表の米経済指標は、米国の政策引き締めの根拠を強める内容になる と予想されている。

ドルは円に対しては7年ぶり高値に上昇。5日発表される11月の米 雇用統計では、雇用者数の伸びが10カ月連続で20万超となると予想され ている。オーストラリア・ドルは下落。豪準備銀行は政策金利を過去最 低に据え置いた。ロシア・ルーブルとノルウェー・クローネも値下が り。原油相場が再び下落したことが手掛かり。米連邦準備制度理事会 (FRB)のフィッシャー副議長は原油安が米経済に大きなプラスにな るとの認識を示した。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券責任 者、ジェニファー・ヴェイル氏は「米国が緩和策の縮小に向かって進む 中、ドルの力強さは続くだろう」とし、「米国の経済成長の面では安定 化の兆しが引き続き見られる」と加えた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.7%上げ て1111.22。終値ベースで2009年3月以来の高水準となった。年初来で は9%上昇と、少なくとも04年以来で最大の上げ。

ドルはユーロに対して0.7%高の1ユーロ=1.2383ドル。対円で も0.7%上げて1ドル=119円21銭。一時119円29銭と、07年8月以来の 円安・ドル高水準を付けた。ユーロは対円で1ユーロ=147円63銭。

豪ドル、原油

豪中銀は2日、政策金利を過去最低の2.5%に据え置いた。豪ドル は0.5%安の1豪ドル=0.8445米ドル。年初来では5.3%下げている。

豪中銀は声明で「主要商品価格はこの数カ月間で大幅に下落した」 と指摘した。ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査で は、全員が金利据え置きを予想していた。

原油相場が反落したことを手掛かりにルーブルは値下がりした。

ルーブルは対ドルで5.1%安の1ドル=53.8500ルーブル。一 時54.3990ルーブルと過去最安値を付けた。ロシアは2009年以来のリセ ッション(景気後退)入りとなる恐れが出ている。経済発展省のベデフ 次官が2日モスクワで記者団に述べたところによると、15年の国内総生 産(GDP)は前年比0.8%減の見込み。従来はプラス1.2%見通しだっ た。

クローネは1.3%安の1ドル=7.0298クローネ。

フィッシャー副議長

フィッシャーFRB副議長はワシントンでの会議で、原油価格の下 落は米国の消費を押し上げる可能性があると指摘した一方、利上げの具 体的な時期を正確に示すことはできないと述べた。

副議長は「分からない日程について正確な見通しを示すことはでき ない」と説明。低金利を「相当な期間」維持するとの文言については、 「当局がその削除に数カ月前よりも近づいているのは明白だ」と述べ た。

みずほ銀行のヘッジファンドセールス責任者、ニール・ジョーンズ 氏(ロンドン在勤)は「ドルを強く選好している」とし、「米金融当局 と他の先進国の政策のかい離はドルの支援材料だ」と続けた。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査では、11月 の米雇用統計では非農業部門雇用者数が23万人増と見込まれている。10 月は21万4000人増だった。失業率は5.8%と、前月と同じ08年来の低水 準にとどまると予想されている。

原題:Dollar Rises to 5-Year High on Economy as Ruble Slides With Oil(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE