感謝祭週末の販売は前年比2.1%減-ショッパートラックが試算

更新日時

米調査会社ショッパートラックの試 算によると、米感謝祭当日から日曜日までの4日間(11月27日-30日) の小売売上高は前年比で2.1%減少して218億ドル(約2兆6000億円)と なった。年末商戦の出だしについて全米小売業協会(NRF)よりも明 るい見方を示した。

ショッパートラックが2日、電子メールで配信した資料によると、 感謝祭翌日のブラックフライデーの支出は今年は6.8%減少したが、感 謝祭当日の消費が増えたほか堅調な土曜日の消費がブラックフライデー の落ち込みを補った。NRFは今週、感謝祭の週末の売上高は11%減少 したと発表した。

ショッパートラックの推定値はNRFを上回ったものの、ブラック フライデーといった客足の多い日の影響力低下が示唆された。年末商戦 の鈍い出足により小売業者にも、クリスマス前の数週間で売り上げを伸 ばさなければならないという圧力がかかる。ショッパートラック は11、12月の小売店売上高が前年同期比3.8%増と、2010年以来の大幅 な伸びになるとの見通しを維持した。

ショッパートラックの創業者、ビル・マーティン氏はインタビュー で、「この週末は年末商戦が最終的にどうなるかを必ずしも象徴するも のではない。年末商戦というパイのほんの小さな一切れにすぎない」と 指摘。「過去のデータを見れば、年末商戦の売り上げの多くが12月のも のだ。1年で買い物客が最も多い10日のうち、7日がまだ残っている」 と説明した。

ショッパートラックはショッピングモールを中心とした百貨店や衣 料品、家具、家電店の端末やレシート情報から売り上げや客足を集計し ている。NRFは11月28、29両日に消費者4631人を対象にオンラインシ ョッピングや食品購入を含む消費計画を調査した。

原題:Holiday Shopping Tracker Offers Brighter Weekend Sales View (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE