サイバーマンデーのネット売上高17%増20億ドル強-コムスコア

更新日時

米感謝祭明け月曜日「サイバーマン デー」の今年のデスクトップパソコンによるオンライン売上高は前年 比17%増加して、過去最高の20億4000万ドル(約2430億円)に達した。 調査会社コムスコアが明らかにした。

前年の同売上高は18%増だった。サイバーマンデーはブラックフラ イデーの15億1000万ドルを上回り、引き続きオンライン売上高が今年最 も多かったが伸び率は鈍化した。消費者の購入日が分散している。

消費者はアマゾン・ドット・コムなど電子商取引サイトが販促活動 を前倒ししていることに合わせて行動している。同社はブラックフライ デーの1週間前にお買い得品の売り出しを始めた。贈り物が購入される 期間が11月のより早い時期から始まり、感謝祭当日も含まれるようにな り、サイバーマンデーの盛り上がりはあまり目立たなくなりつつある。

消費者の支出は時期が分散化されたものの、全般的には力強い伸び を示していると、コムスコアは分析。同社によると、11月1日からサイ バーマンデーまでのオンライン売上高は267億ドルと、前年同期を16% 上回った。1年前の伸び率は8%だった。

コムスコアのジアン・フルゴニ名誉会長は2日の発表資料で「ホリ デーシーズンのオンライン販売が現時点で極めて好調に推移しているの は明白で、現在予想を上回っている」と指摘。「感謝祭の週末に実店舗 の販売が振るわず、消費の弱さを示唆する報道もあるが、携帯電話の普 及でショールーミングが増えており、実際はオンラインでの購入へのシ フトが加速している可能性がある。足元のデータは消費者の需要不足で なく、買い物の仕方の変化を示しているかもしれない」と説明した。

原題:Cyber Monday Web Sales Rose 17% to $2 Billion, ComScore Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE