アインホーン、ローブ氏らのファンドは11月好調-株価上昇で

ヘッジファンド業界では、株式に投 資する大手旗艦ファンドにとって、11月は運用成績が好調な良い月とな った。

ダニエル・ローブ氏が率いるヘッジファンド運営会社サード・ポイ ント(運用資産額175億ドル=約2兆700億円)の旗艦ファンドは、11月 のリターンがプラス2.9%となり、年初来のリターンはプラス9.1%に達 した。ビル・アックマン氏のパーシング・スクエア・キャピタル・マネ ジメント(同180億ドル)の公開ファンドは、11月(25日時点)のリタ ーンがプラス5.5%、年初来のリターンはプラス42%を記録した。

資産家のデービッド・アインホーン氏が率いるグリーンライト・キ ャピタル(同100億ドル)の旗艦ファンドも、11月のリターンがプラ ス5.8%、年初来のリターンはプラス11%となった。

これら3社は株式の持ち高を公表し、物言う株主として経営に介入 することでも知られるが、S&P500種株価指数が年初来で11%上昇す る中で、いずれも平均的なヘッジファンドを上回る好成績を残した。さ まざまなストラテジーを採用するヘッジファンドの資産加重パフォーマ ンスを反映するHFRXグローバル・ヘッジファンド指数は、11月の上 昇率が0.4%、年初来の上昇率も0.2%にとどまっている。

グリーンライトの広報を担当するサード・バービネンのジョナサ ン・ガスサルター氏と、サード・ポイント広報のエリッサ・ドイル氏 は、リターンに関するコメントを控えている。

原題:Einhorn, Ackman, Loeb Funds Rise in November on Stock Gain (1)(抜粋)

--取材協力:Saijel Kishan、Nathaniel Baker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE