商品相場のボラティリティ、2年2カ月ぶり高水準

商品相場のボラティリティ(変動 率)が2年2カ月ぶりの高水準に達している。商品相場が下落し、原油 と金の価格は生産コストに近づいている。

ブルームバーグ商品指数は1日、5年ぶりの低水準に低下。同指数 の60日間のヒストリカルボラティリティは2012年10月1日以来の高水準 に上昇した。供給過剰と中国の経済成長鈍化への懸念を背景に原油や 銅、大豆の価格は弱気相場入りしている。

ペンション・パートナーズ(ニューヨーク)で2億ドル(約240億 円)の運用に携わる投資担当チーフストラテジスト、マイケル・ゲイド 氏は「ボラティリティは懸念の表れだ。将来の経済成長とインフレ見通 しについて懸念が広がっている」と指摘した。

原題:Commodity Volatility Rises to 26-Month High as Oil, Gold Swing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE