米国株:続落、中国統計を嫌気-ブラックフライデーに失望

更新日時

米国株式相場は続落。原油価格が持 ち直し、米製造業の活動拡大が明らかになった一方で、中国の製造業デ ータ低下と米国のブラックフライデー商戦の不調が嫌気された。

S&P500種株価指数の業種別指数では小売りが1カ月ぶりの大幅 下落。感謝祭後の週末の小売売上高は予想に届かなかった。アップルは 一時6.4%安と、1月以来の大幅安。その後下げ渋る展開となった。原 油価格の反発を受けてシェブロンやエクソンモービルは上昇。

S&P500種株価指数は前週末比14.12ポイント(0.7%)下げ て2053.44。ダウ工業株30種平均は51.44ドル(0.3%)安い17776.80で 終えた。ナスダック100種指数は1.2%下落。

アドバイザーズ・アセット・マネジメント(ペンシルベニア州コン ショホッケン)のファンドマネジャー、ジーン・ペロニ氏は電話取材に 対し、「今の市場ではローテーションが活発になっている。原油が安く ても市場はかなり持ちこたえている。値固めで一服している状況だ」と 述べた。

S&P500種はアップルの急落と同時に、寄り付き後30分足らずで 一時0.8%安に下げた。その後発表された米供給管理協会(ISM)の 製造業景況指数が予想を上回ったことを受けて、S&P500種とアップ ル株は直ちに下げを縮小した。

ISMが発表した11月の製造業総合景況指数は58.7と、前月の59か らほぼ横ばい。2011年4月以降で2番目に高い水準だった。ブルームバ ーグがまとめたエコノミストの予想中央値は58。同指数で50は活動の拡 大と縮小の境目を示す。

中国PMI、原油価格

中国国家統計局と中国物流購買連合会が発表した11月の製造業購買 担当者指数(PMI)は50.3に低下。ブルームバーグがまとめた市場予 想中央値の50.5も下回った。英HSBCホールディングスとマークイッ ト・エコノミクスが発表した11月の製造業PMI改定値は拡大と縮小の 分岐点である50.0だった。

マックイーン・ボール・アンド・アソシエイツ(ペンシルベニア州 ベスレヘム)の最高投資責任者(CIO)、ビル・シュルツ氏は電話取 材に対し、「中国の統計は投資家に世界経済の成長見通しについて考え 直す機会を与えた」と指摘。「原油価格がこの水準で安定すれば市場に はプラスになるだろう」と述べた。

原油価格は大幅安の後で反発。これを手掛かりに石油のシェブロン は2.6%高となり、ダウ採用銘柄で上昇率首位。2位はエクソンモービ ルの2.0%高だった。

輸送株は大幅安、ブラックフライデー

一方、ダウ・ジョーンズ輸送株平均は2.7%下落し、2月3日以来 の大幅な下げ。構成20銘柄すべてが下げた。サウスウェスト航空やデル タ航空なども大きく下げ、ブルームバーグ米航空株指数は5日ぶりに下 落。先週は燃料安を好感して10%上昇していた。

中央銀行の緩和措置と米経済統計を好感し、S&P500種は11月 を2.5%高で終え、月間ベースでは2カ月連続上昇。同月26日には過去 最高値で引けた。

全米小売業協会(NRF)のリポートによると、感謝祭を含む週末 4日間の個人消費推計は前年を11%下回った。ブラックフライデーを含 むこの時期の売上高が前年より減少したのはこれで2年連続。

コニファー・セキュリティーズ(ニューヨーク)の株式取引ディレ クター、リック・フィア氏は電話取材に対し、「週末のホリデーセール スは期待外れだった。きょうは小売りだけでなくオンライン関連、イン ターネット関連なら何でも売られている」と述べた。

原題:U.S. Stocks Fall as China Factory Data, Black Friday Disappoint(抜粋)

--取材協力:Jonathan Morgan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE