米アップル株が一時急落、1分間で約5%-利益確定の見方も

1日の米株式市場では、アップルの 株価が取引開始から20分後、1分間にわたり大きな値動きを見せ、5% 近い下げを演じた。この下落率は1月以来で最大。株価はその後、同程 度の時間で下落分の半分を縮めた。

この下落で一時、時価総額にして約400億ドルが吹き飛んだが、そ の後はかなり回復した。この日はアップル以外にもテクノロジー株が幅 広く下げている。アップル株の下げが最も急だったのはニューヨーク時 間午前9時50分から51分にかけてで、600万株を超えるアップル株が3 万余りの異なる取引を通じて117ドルから111.27ドルの価格で売買され た。

アップル以外にもテスラ・モーターズやトリップアドバイザー、フ ェイスブックなどのテクノロジー株が下げた。S&P500種株価指数は 一時0.8%下落していたが、午前10時に発表された米供給管理協会 (ISM)の11月の製造業総合景況指数が市場予想を上回ったことに反 応し、下げを縮めた。アップル株は年初から44%高と、ナスダック100 指数の構成銘柄中では15番目に大きな上昇率となっている。

ソーンバーグ・インベストメント・マネジメントの株式トレーディ ング責任者、トーマス・ガルシア氏は「アップル株のチャートを見てみ ると、ここしばらく極めて大きく下げた日はないことが分かる」と説 明。「きょうの下げは、若干の利益確定売りというだけのことだ」と し、「毎日上昇を続けることはできない」と続けた。

モルガン・スタンレーの米国株式チーフストラテジスト、アダム・ パーカー氏は1日付の顧客リポートで、同氏の使用するモデルによれば アップルの株価は、過去3年間に2倍に上昇したことを受けて「やや下 落」することが示唆されると指摘。またテクノロジー業界の投資判断を 従来の買い相当からホールド相当に引き下げた。

原題:Apple Swoon Briefly Pushes Shares Down Most in 10 Months (1)(抜粋)

--取材協力:Sam Mamudi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE