大連万達、加ライオンズゲートの株式取得で協議中-王会長

米2位の映画館チェーンの経営権を 持つ大連万達集団の王健林会長は、カナダの映画製作会社ライオンズゲ ート・エンターテインメントの株式取得を目指し協議中であることを明 らかにした。

王氏はインタビューで、映画「ハンガー・ゲーム」を製作・配給す るライオンズゲートの経営権獲得に関心があるものの、同社側は少数株 しか手放す意向はないようだと語った。協議は初期段階で、合意につな がらない可能性があるという。映画「007」シリーズを手掛ける米メ トロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)への出資についても協議し たと、王氏は述べた。

中国企業では大連万達のほか、アリババ・グループ・ホールディン グや復星国際もハリウッドの映画産業への投資機会を模索している。王 氏には2020年までに世界の映画市場の20%を握る野心があり、これを実 現するため欧州で大手映画館チェーンを買収したいとも話した。

原題:Wanda Holds Talks to Buy Lions Gate, MGM in Hollywood Push (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE