中国人民元:対ドルで下落、2カ月ぶり安値-政策緩和観測で

中国人民元は1日、対ドルで下落 し、2カ月ぶり安値となった。中国国家統計局と中国物流購買連合会が 発表した11月の製造業購買担当者指数(PMI)が8カ月ぶりの低水準 まで鈍化したことを受けて、中国人民銀行(中央銀行)が金融政策をさ らに緩めるとの観測が広がった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場で人 民元は前週末比0.11%安の1ドル=6.1520元で引けた。これは9月30日 以来の安値水準。

ブルームバーグの集計データによれば、香港オフショア人民元は 同0.04%高の6.1580元。一時は0.13%安の6.1684元と8週間ぶりの安値 まで下落していた。元の1年物ノンデリバラブル・フォワード ( NDF)はほぼ変わらずの6.2625元。

原題:Yuan Falls to Two-Month Low as Slowdown Boosts Case for Easing(抜粋)

--取材協力:Fion Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE