新興市場株:6週ぶり大幅下落-原油安でエネルギー株が軟調

1日の新興市場では、株式相場が6 週間ぶりの大幅下落となっている。原油安でエネルギー株が売られたほ か、中国国家統計局と中国物流購買連合会が発表した11月の製造業購買 担当者指数(PMI)が前月から低下したことが嫌気された。マレーシ ア・リンギットは対ドルで下落、2日間の下落率としては1998年以降で 最も大きくなった。

中国海洋石油(CNOOC)が香港市場で5年ぶりの安値まで下 落。マレーシアのサプラケンカナ・ペトロリアムは14%安。マレーシア 株は昨年1月以来の大きな下げとなっている。リンギットは対ドル で1.6%安。韓国ウォンも0.5%安。11月の韓国輸出が予想外に減少し た。エアアジアや大韓航空は高い。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時8分(日本時間同3時8 分)現在、前週末比1.1%安の993.50。このまま引ければ10月16日以来 の大幅下落となる。

原題:Emerging Stocks Drop Most in Six Weeks on Oil as Ringgit Slides(抜粋)

--取材協力:Liau Y-Sing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE