中国・香港株:H株指数が9カ月ぶり大幅下落-PMI低下で

更新日時

香港上場の中国本土株から成るハン セン中国企業株(H株)指数は、2月以来の大幅下落で引けた。香港民 主化デモの激化に加え、中国国家統計局と中国物流購買連合会が発表し た11月の製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想を下回ったことが 嫌気された。

銅生産で中国最大手の江西銅業(358 HK)は5.8%安。ペトロチャ イナ(中国石油、857 HK)は4.4%安。原油価格が約5年ぶりの安値に 下落したことが響いた。上海市場では自動車メーカーの上海汽車集団 (SAICモーター、600104 CH)が1.9%安。保利房地産集団(600048 CH)など不動産銘柄も安くなった。

H株指数は前週末比2.9%安の10818.20。先週は6.9%上昇してい た。ハンセン指数は前週末比2.6%安で引けた。

上海総合指数は前週末比0.1%安の2680.16と、8営業日ぶりに反 落。CSI300指数は同0.4%高と7営業日続伸。

AMTDファイナンシャル・プランニングのゼネラルマネジャー、 ケニー・タン氏は「投資家は依然として中国本土の景気を心配してい る」と指摘する一方、「香港の政治状況が再び悪化しているように見え るため、投資家心理に影響しているのかもしれない」と述べた。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Retreat Most in Nine Months on PMI(抜粋)

--取材協力:Moxy Ying.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE