「受け入れ難い重圧」とHSBC社外取締役辞任-新規制嫌気か

英銀HSBCホールディングスの英 国部門で社外取締役(非執行取締役)を務めていたアラン・トムソン氏 が、シニアバンカーに一段と重い責任が求められる「懸念の高まり」な どを理由に辞任した。ダグラス・フリント会長が、英議員からの質問に 回答する書面で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。