与党「絶対安定多数」焦点、過半数割れなら退陣と首相-衆院選

更新日時

安倍晋三首相が「アベノミクス解 散」と名付けた今回の衆院選。自民、公明の連立与党が過半数を維持し ても、どの程度議席を上積みできるかで政権の求心力は変わる。とりわ け、全常任委員会で委員長ポストを独占し、委員の数でも野党を上回っ て法案審議をスムーズに運べる「絶対安定多数」の266議席以上の維持 が焦点となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。