台湾:統一地方選で与党国民党が大敗-16年の総統選の前哨戦

台湾の統一地方選挙で与党国民党が 大敗を喫し、最大野党である民進党が2016年の総統選挙での政権交代に 向け足場を固めた。今回の選挙は、中国への市場開放を軸とする馬英九 総統が進める経済政策に有権者が不満を突き付け格好だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。