ECBラウテンシュレーガー氏:QEは適切な政策選択ではない

欧州中央銀行(ECB)のラウテン シュレーガー理事は現在のユーロ圏にとって量的緩和(QE)は適切な 政策選択ではないとの見解を示した。インフレ鈍化への対応策をめぐり 当局者の意見の隔たりが深まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。