【今週の債券】長期金利0.4%割れも、原油安や欧州緩和観測で低下圧力

今週の債券市場で長期金利は0.4% 割れを試すと予想されている。原油価格の下落や欧州の追加緩和観測の 強まりから金利低下圧力が掛かりやすいとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。